STEP1禁煙するとどうなる?

タバコをやめて“ここがよかった”

タバコをやめたその日から“よかった”を実感!

 「長年タバコを吸っているから、今さら禁煙しても変わらない」と誤解していませんか?そんなことはありません。タバコをやめた時点から、さまざまな効果を実感できるかもしれません。

たとえば、タバコをやめた直後から、家族や周囲の人が受動喫煙を受けるリスクが大きく下がります。また、衣服や部屋、車にタバコのにおいがつくこともなくなり、周囲が不快に感じることもなくなります。タバコをやめて数日後には、味覚や嗅覚が鋭敏になり、食べ物をおいしく感じるようになることが報告されています1)

そのほかにも、目覚めがさわやかになったり、肌の調子がよくなる、口臭がなくなるなど、日常生活の中で効果を実感できるといわれています1)

1) Brunnhuber, K. et al. :Putting Evidence Into Practice: Smoking Sessation. BMJ Pubilshing Group: 5, 2007 [L20071227005]

報告された禁煙後の時間経過による変化とメリット(数時間~数日)

禁煙後
禁煙後数時間 一酸化炭素レベルが非喫煙者と同じになる 禁煙後数日 味覚、嗅覚が鋭敏になる
Brunnhuber, K. et al. :Putting Evidence Into Practice: Smoking Sessation. BMJ Pubilshing Group: 5, 2007 [L20071227005] より作図

報告された禁煙後による日常生活の中で効果

目覚めがさわやかになった 肌の調子がよくなった 衣服や部屋がタバコ臭くなくなった
Brunnhuber, K. et al.:Putting Evidence Into Practice: Smoking Sessation. BMJ Pubilshing Group: 5, 2007 [L20071227005] より作図

禁煙を続けて、健康な体を取り戻しましょう

禁煙を続けることができれば、タバコでダメージを受けた体も健康に近づいていくことでしょう。

禁煙を1ヶ月続けると、咳やたん、喘鳴などの呼吸器の症状が改善するといわれています。呼吸器の機能は禁煙の継続とともにさらに良くなっていき、1年後には、COPD患者さんの肺の機能に改善がみられたという報告もあります。

禁煙期間が2~4年もすれば、狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気のリスクが、タバコを吸う人と比べて著しく低下したという報告があります。

10年を経過すると、がんのリスクも低下していくようです。10~15年経つと、咽頭がんのリスクが、タバコを吸う人と比べて60%も低下したという報告があります。また、10~19年で、肺がんのリスクが、タバコを吸う人と比べて70%も低下したという報告があります。さらに、20年で口腔がんのリスクが、タバコを吸わない人と同レベルになることが期待されます。

このように、禁煙の生活が長くなればなるほど、タバコを吸わない人と同じ健康状態に近づきます。禁煙が遅いということはありません。喫煙生活を見直してみましょう。

Brunnhuber, K. et al.:Putting Evidence Into Practice: Smoking Sessation. BMJ Pubilshing Group: 5, 2007 [L20071227005]

報告された禁煙後の時間経過による変化とメリット(数ヶ月~数年)

禁煙後
1〜2ヶ月 慢性気管支炎の症状(咳、痰、喘鳴)が改善 1年 軽度・中度のCOPD患者で肺機能が改善 2〜4年 心臓の病気※のリスクが、タバコを吸い続ける人に比べて、かなり低下 ※狭心症や心筋梗塞といった冠動脈疾患 10〜15年 咽頭がんのリスクが、タバコを吸い続けている人より、60%も低下 10〜19年 肺がんのリスクが、タバコを吸い続けている人より、70%も低下 20年 喉頭がんのリスクが、タバコを吸わない人と同じに
Brunnhuber, K. et al.:Putting Evidence Into Practice: Smoking Sessation. BMJ Pubilshing Group: 5, 2007 [L20071227005] より作図

あなたにおすすめのコンテンツはこちら