STEP3禁煙外来について

禁煙外来っていくらかかる?

禁煙治療にかかる費用は1万3,000円~2万円ほど

「病院の禁煙外来は、費用が高いのでは」と、心配している人はいませんか?

実は、禁煙治療は、健康保険等※1を使って受けることができるのです。自己負担が3割の人は、使用する薬にもよりますが、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度※2です。

  • ※1 本web中の健康保険等とは、公的医療保険のことで、組合管掌健康保険、全国健康保険協会管掌健康保険、船員保険、各種共済組合管掌健康保険、国民健康保険等を指しています。
  • ※2「日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書 第7版:2020」に記載されている健康保険等で禁煙治療のみを行った場合の自己負担額(3割負担として13,090円~19,960円)に基づいています。

健康保険等による禁煙治療における患者さんの負担額(一例)

  • ※1 禁煙のみを目的に、診療所で治療を受けると仮定。再診料には外来管理加算を含むと仮定。
    (注)他の疾患の治療にあわせて禁煙治療を受ける場合、初診料および再診料については重複して支払う必要はありません。
  • ※2 5回の通院全てを対面で行うものと仮定。
  • ※3 院外処方で、禁煙補助薬のみ処方されると仮定。
  • ※4 調剤基本料1で算出。調剤料のほか、一般的な薬剤服用歴管理指導料を含むと仮定。
  • ※5 禁煙補助薬を標準的な用法・用量で使用すると仮定(ニコチンパッチは8週間、経口剤は12週間)。
  • ※6 上記費用は2020年4月に改定された診療/調剤報酬点数に基づいて算出。
日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書 第7版:2020

あなたにおすすめのコンテンツはこちら