>      >      >  STEP4 有効な受動喫煙対策

喫煙対策マニュアル STEP4 有効な受動喫煙対策

このサイトを紹介する

Check

受動喫煙対策としては、厚生労働省のガイドラインに沿った「一定の要件を満たす喫煙室」「建物内禁煙」「敷地内禁煙」の3つが挙げられます。
しかし、喫煙室では受動喫煙を防げないため、建物内禁煙または敷地内禁煙が必要です。吸いにくい環境にすることは、喫煙者が禁煙するきっかけになります。

喫煙対策 受動喫煙防止効果 禁煙啓発効果
敷地内禁煙
建物内禁煙
喫煙室 X X

:大変効果がある :効果がある :少し効果がある X:全く効果がない

「就業時間中の喫煙禁止」についても同時に検討するとよいでしょう。
また、すでに「敷地内全面禁煙」となっている企業も多数あります。

  1. STEP1
    現状把握
  2. STEP2
    方針と目標設定・社内合意
  3. STEP3
    従業員の啓発、情報提供
  4. STEP4
    有効な受動喫煙対策
  5. STEP5
    積極的な禁煙サポート
  6. STEP6
    評価

ページ上部へ