>      >      >  喫煙コスト・シミュレーション

喫煙コスト・シミュレーション

このサイトを紹介する

Check

従業員が喫煙していることで、経済的なデメリットが生じています。例えば、喫煙のために職場を離れることによる労働損失や喫煙室の維持費※1などです。
下の空欄に数字を入力すると、あなたの所属する企業が喫煙のために1年間にどのくらいのコストを負担しているのか、計算することができます。

下記の①~⑤のデータを半角数字で入力してください。

※1 空調・排気設備のある喫煙室では、冷暖房された空気を排気してしまい電気代のロスが生じます。このシミュレーションでは、1年あたりにロスする冷暖房電気代に「エアコンのない中間期の換気扇稼動電気代」と「照明電気代」を加味した25万円を、喫煙室1ヵ所あたりの維持費として設定しました。
費用設定の詳細

※2 タバコ離席による賃金ロスの計算に必要
※3 勤務中に自身の判断で自由に喫煙できる従業員(工場のライン作業従事者などは除く)


ページ上部へ