タバコを吸わないあなたへ軽く考えていませんか?受動喫煙の害

吸わないあなたの健康も危険にさらされています

他の人が吸うタバコだから、自分には大した影響はないだろう、と考えてはいませんか?

喫煙は、吸っている本人の健康にとってよくないのはもちろんですが、周りの人の健康にも悪影響を及ぼします。

すぐにあらわれる症状としては、目やのどの痛みなどがあります。心拍数が増えたり、咳込んだり、手足の先が冷たくなったりするなどの影響があらわれる人もいます。

また、長期的にも影響があります。受動喫煙をしていると、心筋梗塞や狭心症で死亡する危険性が1.3~2.7倍にもなることが報告されています※1。他にも受動喫煙により、脳卒中や喘息などのさまざまな病気を発症する危険性が高くなることが知られています。

さらに、妊婦やお腹の中の赤ちゃんにも影響があります。妊婦が受動喫煙にさらされると、流産や早産の危険性が高くなることや、新生児の低体重化がおこることなどが報告されています※2

受動喫煙によりおこると報告されている病気などの例

【すぐにあらわれる症状】
  • 目の痛み、目がしみる※3
  • のどの痛み、咳※3
  • 心拍数の増加※3
  • 冷え性※3

【長期的な影響】
  • 肺がん※1
  • 副鼻腔がん※1
  • 子宮頚がん※1
  • 気管支喘息の悪化※1
  • 呼吸機能の低下※1
  • 脳卒中※4
  • 心筋梗塞※1
  • 動脈硬化※1
  • 糖尿病※5

【妊婦、新生児への影響】
  • 流産、早産※1
  • 乳幼児突然死症候群※1
  • 新生児の低体重化※2
  • 新生児の将来の肥満、糖尿病※4

※1喫煙と健康問題に関する検討会編:新版 喫煙と健康 保健同人社:200, 2002
※2齋藤麗子:日本公衆衛生雑誌 38(2):124, 1991
※3喫煙と健康問題に関する検討会編:新版 喫煙と健康 保健同人社:175, 2002
※4Mackay, J. et al.: The tobacco atlas 2nd. ed. American Cancer Society : 37, 2006
※5 Kowall, B. et al.: Eur J Epidemiol 25(6): 393, 2010

お子さんへのさまざまな影響が報告されています

子どもたちにはどんな影響があるのでしょうか? 発達の途中にある子どもは、タバコによって大人とは異なる深刻な影響を受ける可能性があります。

タバコの煙の影響が最も出やすいのが、鼻、耳、のどなど の空気の通り道にあたる部分です。受動喫煙により子どもの 中耳炎、気管支炎、肺の感染症や肺機能の低下などがおこることが知られています。

また、脳の働きにもさまざまな影響があることが知られています。家庭内などで受動喫煙をしている子どもは、言語能力が低かったり、注意力が散漫だったりする傾向が報告されています。

また、親が喫煙者であると、その子どもはタバコの煙に慣れ、将来喫煙者になる可能性も高くなります※1

子どもはタバコの煙に対して無防備です。タバコの煙が有害であることがわからなかったり、親が喫煙者であったりする ため、タバコの煙を自分の意思で避けることができません。周りにいる大人が守ってあげることが必要です。

受動喫煙によっておこると報告されている子どもの病気などの例

  • 中耳炎※2
  • 気管支喘息※2
  • 呼吸器感染症※2
  • 呼吸機能の低下※2
  • 小児がん※1
  • 言語能力の低下※2
  • 落ちつきのなさ※2
  • 身体発育の低下※2
  • 歯肉の着色※1

※1 Mackay, J. et al.: The tobacco atlas 2nd. ed. American Cancer Society : 37, 2006
※2喫煙と健康問題に関する検討会編:新版 喫煙と健康 保健同人社:200, 2002