STEP2タバコの害について学ぶ

タバコをやめて“ここがよかった!”

タバコをやめたその日から“よかった”を実感!

 「長年タバコを吸っているから、今さら禁煙しても変わらない」と誤解していませんか?そんなことはありません。タバコをやめた時点から、さまざまな効果を実感できます。

たとえば、タバコをやめた直後から、家族や周囲の人が受動喫煙を受けるリスクがなくなります。また、衣服や部屋、車にタバコのにおいがつくこともなくなり、周囲が不快に感じることもなくなります。タバコをやめて数日後には、味覚や嗅覚が鋭敏になり、食べ物をおいしく感じるようになります。

そのほかにも、目覚めがさわやかになったり、肌の調子がよくなる、口臭がなくなるなど、日常生活の中で効果を実感できます。

禁煙後の時間経過による変化とメリット(数時間~数日)

禁煙後
禁煙後数時間 一酸化炭素レベルが非喫煙者と同じになる 禁煙後数日 味覚、嗅覚が鋭敏になる

禁煙後による日常生活の中で効果

目覚めがさわやかになった 肌の調子がよくなった 衣服や部屋がタバコ臭くなくなった
Brunnhuber K, et al. Putting evidence into practice: Smoking cessation BMJ Publishing Group: 5, 2007[L20071227005] より作図

禁煙を続けて、健康な体を取り戻しましょう

禁煙を続けることができれば、タバコでダメージを受けた体も健康に近づいていきます。

禁煙を1ヶ月続けると、咳やたん、喘鳴などの呼吸器の症状が改善します。呼吸器の機能は禁煙の継続とともにさらに良くなっていき、1年後には、COPD患者さんの肺の機能に改善がみられます。

禁煙期間が2~4年もすれば、狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気のリスクが、タバコを吸う人と比べて著しく低下します。

10年を経過すると、がんのリスクも低下します。10~15年経つと、咽頭がんのリスクが、タバコを吸う人と比べて60%も低下します。また、10~19年で、肺がんのリスクが、タバコを吸う人と比べて70%も低下します。さらに、20年で口腔がんのリスクが、タバコを吸わない人と同レベルになります。

このように、禁煙の生活が長くなればなるほど、タバコを吸わない人と同じ健康状態に近づきます。禁煙が遅いということはありません。喫煙生活を見直してみましょう。

禁煙後の時間経過による変化とメリット(数ヶ月~数年)

禁煙後
1〜2ヶ月 慢性気管支炎の症状(咳、痰、喘鳴)が改善 1年 軽度・中度のCOPD患者で肺機能が改善 2〜4年 心臓の病気※のリスクが、タバコを吸い続ける人に比べて、かなり低下 ※狭心症や心筋梗塞といった冠動脈疾患 10〜15年 咽頭がんのリスクが、タバコを吸い続けている人より、60%も低下 10〜19年 肺がんのリスクが、タバコを吸い続けている人より、70%も低下 20年 喉頭がんのリスクが、タバコを吸わない人と同じに

禁煙するとお金が貯まります

タバコをやめることで、健康面だけでなく金銭面でもメリットを実感できます。

たとえば、タバコ(430円)を1日1箱吸っている人で計算してみましょう。1日の禁煙で430円だとあまりメリットを感じないかもしれませんが、1年間で約16万円も貯まるとなればどうでしょう? さらに、10年間、20年間と続けて、禁煙20周年に貯まった300万円で豪華海外旅行が実現します。

タバコをやめることで、自分や家族が快適で余裕のある生活を送れます。将来のために、禁煙を考えてみませんか?

禁煙すると、これだけ貯金できる!

禁煙後
1,290円/3日間 ちょっと高級な入浴剤でリラックス。 約2万6,000円/2ヶ月間 欲しかった服を購入。 約15万7,000円/1年 大型家電を買い替え 約79万円/5年 家族で旅行へ。 約157万円/10年 家をリフォーム。 約236万円/15年間 車を買い換え。 約314万円/20年 禁煙20驟雨年の記念に贅沢な海外旅行。
※1 1日1箱吸う人を想定しています。(1日430円換算)

禁煙治療はタバコ代よりも安くすみます

健康保険等の適用と禁煙治療にかかる費用

8〜12周間分のタバコ代:24,000〜36,000円※1 8〜12周間分の禁煙治療を受けた場合の自己負担額:13,000〜20,000円※2

「タバコをやめようと思っても、禁煙治療を受ければ、結局のところ出費が増える」と誤解している人はいませんか?

今は、病院で健康保険等※1を使って禁煙治療を受けることができます。自己負担3割として、8~12週間で13,000円~20,000円程度※2です(処方薬によって異なります)。タバコを1日1箱吸う人の8~12週間にかかるタバコ代が、24,000~36,000円ですから、禁煙治療の自己負担額は、タバコ代の約1/2ですみます。

1人じゃ無理でも、医師と一緒に禁煙できて、しかもタバコ代よりも安いとなれば、タバコをやめるのもいいなと思ってきませんか?

(詳しくは医療機関にお問い合わせください)

  • ※1 本web中の健康保険等とは、公的医療保険のことで、組合管掌健康保険、全国健康保険協会管掌健康保険、船員保険、各種共済組合管掌健康保険、国民健康保険等を指しています。
  • ※2「日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書 第6版:2014」に記載されている健康保険等で禁煙治療のみを行った場合の自己負担額(3割負担として13,080円~19,660円)に基づいています。