STEP1タバコの害について学ぶ

受動喫煙とは何か?受動喫煙が大人に及ぼす健康被害

受動喫煙が原因で毎年60万人が亡くなります

受動喫煙による年間全死亡数(2004年)

全司法数60万3,000人 小児:166,000人 男性:156,000人 女性:281,000人
Öberg, M. et al. : Lancet 377(9760) : 139, 2011 [L20110310132]より改変

受動喫煙が影響で、毎年、世界で60万人が亡くなっています。また、日本では、受動喫煙が原因となって発症する肺がんと心筋梗塞だけをみても、年間約6,800人が死亡しています。

喫煙が引き起こす病気についてもっと知りたい人は…step2タバコがさまざまな病気の原因に!

受動喫煙に起因する肺がん・虚血性心疾患による年間死亡数

受動喫煙に受ける場所 家庭:(肺がん) 男性201人 女性1,131人、(虚血性心疾患) 男性206人 女性1,640人、家庭:(肺がん) 男性448人 女性340人、(虚血性心疾患) 男性1,366人 女性1,471人 合計6,803人 家庭内での受動喫煙起因年間死亡数だけでも、全体の約半数の3,178人が死亡しています。また、2疾患による死亡数に限定したデータであり、実際の受動喫煙の被害はもっと広範にわたります。
独立行政法人国立がんセンター・「喫煙と健康」WHO指定研究協力センター:受動喫煙による死亡数の推計について(解説):2010[L20110523024]
(http://www.ncc.go.jp/jp/information/pdf/20101021_tobacco.pdf:2012年3月現在)より作図

受動喫煙による肺がんのリスクは2倍になります

夫の喫煙が非喫煙女性の肺腺がん発症リスクに及ぼす影響

夫からの受動喫煙 過去喫煙者(過去に受動喫煙があった場合でも)約1.5倍 喫煙者(受動喫煙なしの場合と比較して)約2倍!
Kurahashi, N. et al.:Int J Cancer 122:653, 2008 より作図

タバコを吸っている人は、肺がんのリスクが約4~5倍高まりますが、タバコを吸わない同居者も肺がんのリスクが高まるのを知っていますか?

タバコを吸わない妻が、喫煙する夫を持つ場合、吸わない夫を持つ妻に比べて肺がんになるリスクが約2倍高まります。

タバコを吸わない女性が受動喫煙にさらされる場所としては、職場もありますが、より危険が高いのは、家庭内での夫の喫煙であることがわかっています。

受動喫煙は血圧を4mmHg上昇させます

家庭や職場などで受動喫煙にさらされている人は、血圧が上昇する傾向にあります4)。血圧には収縮期血圧(いわゆる上の血圧)と拡張期血圧(下の血圧)があり、脳卒中や心筋梗塞を防ぐには、血圧が高くなりすぎないことが大切です。

ところが、本人が健康的な生活を心がけていても、日頃から受動喫煙にさらされると、収縮期血圧が4mmHg上昇することがわかりました。4mmHgの上昇は、心臓や血管の負担になります。国は、国民の収縮期血圧を10年間で4mmHg低下させるという目標をたてています。それによって、脳卒中による死亡者が年間約1万人,冠動脈疾患による死亡者が年間約5,000人減少すると推計されているためです。

血圧を上昇させない対策として、タバコのない環境づくりを考えてみましょう。

喫煙が引き起こす病気についてもっと知りたい人は…step2タバコがさまざまな病気の原因に!

受動喫煙が非喫煙女性の家庭収縮期血圧に及ぼす影響

受動喫煙有無と朝の家庭収縮期血圧 受動喫煙なし:113.1、受動喫煙あり(家庭のみ):116.2 (家庭と職場)116.8 受動喫煙にさらされると血圧が上昇
Seki, M et al.:J Hypertens 28(9):1814, 2010 より作図

受動喫煙が関与しているさまざまな病気

タバコを吸わない人が、せきやたん、息切れなどが続くようになったり、気管支喘息、慢性気管支炎になる原因の1つが受動喫煙です。

そのほかにも、糖尿病、メタボリックシンドローム、精神疾患(うつ病・うつ状態)、認知症、化学物質過敏症なども、受動喫煙が関与しているといわれています。

喫煙は周囲の人にまで害を及ぼします。これを防ぐために、タバコの生活を見直してみませんか?

喫煙が引き起こす病気についてもっと知りたい人は…step2タバコがさまざまな病気の原因に!

受動喫煙による認知機能障害のリスク(海外データ)

【受動喫煙の程度と認知機能障害のリスク】最も高い(0.8〜13.5ng/mL)1.44倍、中程度(0.4〜0.7ng/mL)1.13倍、軽度(0.2〜0.3ng/mL)1.08倍、最も低い(0.0〜0.1ng/mL)1.0
  • ※ 受動喫煙の程度は、唾液中のコチニン(ニコチンの代謝物)の濃度により次の4グループに分類
    0.0~0.1ng/mL:最も低い、0.2~0.3ng/mL:軽度、0.4~0.7ng/mL:中等度、0.8~13.5ng/mL:最も高い
Llewellyn, D. J. et al.:BMJ 338:b462, 2009 より作図

喫煙・受動喫煙による精神的苦痛のリスク(海外データ)

【喫煙者の精神的苦痛のリスク】2.15倍 【非喫煙者:受動喫煙レベルと認知機能障害のリスク】高度1.49倍、中等度1.30倍、軽度〜中等度1.23倍、受動喫煙なし1.0 さらに精神科入院のリスクは… 非喫煙者のうち、受動喫煙レベルが低レベル(0.70μg/L以下)の人に比べ… 喫煙差h3.74倍、受動喫煙レベルが高レベル2.84倍
Hamer, M. et al.:Arch Gen Psychiatry 67(8):580, 2010 より作図

受動喫煙による低~中音域の難聴のリスク(海外データ)

非喫煙者でも、受動喫煙があるだけで、受動喫煙なしの人に比べ受動喫煙ありの人は難聴リスクが1.44倍に、過去喫煙者の場合、受動喫煙があると、受動喫煙なし人に比べ受動喫煙ありの人は難聴リスクが1.30倍に
  • ※(500、1,000、2,000Hz)
Fabry, D. A. et al.:Tob Control 20(1):82, 2011 より作図