STEP1タバコの害について学ぶ

タバコはさまざまな病気の原因に!脳卒中・心筋梗塞

脳卒中・心筋梗塞―タバコで寝たきりや命を失うことに!

脳卒中は脳血管障害ともいい、脳梗塞やくも膜下出血なども含まれます。心筋梗塞とは、冠動脈がふさがって心臓に血液が送られなくなった状態をいいます。どちらも命にかかわる重大な病気です。

タバコは、こうした脳や心臓の病気にも影響を及ぼしています。タバコの煙に含まれるニコチンは、中枢神経にはたらきかけて血管の収縮、血圧の上昇、心拍数の増加をもたらします。また、一酸化炭素は、血液中の酸素の運搬を妨げます。こうして血管が詰まりやすくなり、動脈硬化が促進されて、脳卒中や心筋梗塞の原因となります。

タバコを吸うことで、心筋梗塞を発症するリスクは、男性が約4倍、女性が約3倍高くなります。また、脳卒中で死亡するリスクは、男性が約2倍、女性が約3倍高くなります。さらに、タバコの本数が多い人ほど、脳卒中や心筋梗塞で死亡するリスクが高くなることがわかっています。

このように、タバコが脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めますが、タバコをやめれば、そのリスクはタバコを吸わない人と同レベルまで低下します。健康で長生きするには、禁煙が第一といえるでしょう。

心筋梗塞が起こるリスク(非喫煙者を1としたとき)

男性の場合 心筋梗塞の発症リスク3.64倍!! 女性の場合 心筋梗塞の発症リスク2.90倍!!
Baba, S. et al.: Eur J Cardiovasc Prev Rehabil 13(2) : 207, 2006より作図

脳卒中の発症リスク

非喫煙者に比べ 脳卒中の発症リスク1.51倍!! くも膜下出血2.93倍!! さらに 脳卒中死亡リスクに及ぼす喫煙の影響 非喫煙者と1日喫煙本数が21本以上吸う人に比べると… 非喫煙者に比べてに男性の場合2.17倍!! 女性の場合3.91倍!!
Shinton, R. et al. : BMJ 298(6676): 789, 1989 [L20071022002] /
Ueshima, H. et al. : Stroke 35(8): 1836, 2004 [L20070921047]より作図

禁煙による脳卒中死亡リスクの低下

喫煙者を1.00として、10〜14年禁煙すると非喫煙者(0.53)と同レベルまで低下(0.48) さらにくも膜下出血発症リスクは、禁煙すれば非喫煙者レベルにまで低下します。
Iso, H. et al. : Am J Epidemiol 161(2): 170, 2005 [L20091225001]より作図
Mannami, T. et al. : Stroke 35(6): 1248, 2004 [L20080218074]より改変、作図