STEP1タバコの害について学ぶ

タバコはさまざまな病気の原因にバセドウ病

バセドウ病―タバコのバセドウ病眼症のリスクは4倍以上

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、全身の代謝を高める作用があります。バセドウ病は、甲状腺が腫れて、甲状腺ホルモン量の分泌が過剰になり、脈が速くなったり、眼球が突出する病気であり、女性に多くみられます。

バセドウ病を発症する原因は、遺伝的要因と環境因子があります。その環境因子の1つとして、タバコがあります。タバコを吸っていると、バセドウ病のリスクが約3倍に高まることがわかっています。ただし、タバコがバセドウ病の発症にどのように関わっているのか、その発症機序についてはまだ解明されていません。

バセドウ病の症状の1つにバセドウ病眼症(甲状腺眼症)があります。バセドウ病眼症は眼の筋肉や脂肪組織、涙腺に炎症が起こり、眼球が突出したり、まぶたが腫れたり、視力が低下するなど、さまざまな症状があらわれます。タバコを吸っていると、バセドウ病眼症になるリスクが4倍以上跳ね上がります。バセドウ病眼症は、悪化すると日常生活に大きな支障が出るだけでなく、美容的な問題も抱えます。女性にとってはつらい症状です。しかし、禁煙を続けることで、バセドウ病のリスクが、タバコを吸わない人と同程度にまで低くなることもわかっています。

バセドウ病のリスク、喫煙者は非喫煙者の何倍?

非喫煙者に比べ、バセドウ病の発症リスク3.3倍!! バセドウ病眼症の発症リスク4.4倍!!
Vestergaard, P. et al. : Eur J Endocrinol 146(2) : 153, 2002より作図